メニュー

認定制度 - 一般財団法人 東方医療振興財団 日本東方医学会

toplogo 03

  Japanese Association  of Eastern Medicine

日本東方医学会

<新・認定制度>  H30年1月改定

中医学の知識のレベルに応じて、資格を以下の3段階とします。

資格の種類画

  (医師、鍼灸師、薬剤師、看護師、柔道整復師ほか国家資格など公的資格の有資格者)

 

※制度改定以前の「中医専門医」の資格に関しては、引き続き有効です。ただし、有効期限の5年間を過ぎると失効しますので、更新が必要となります。

 

申請書はこちら

資格の詳細および認定基準

資格の詳細画 認定基準単位画 

 

  • 原則として会員であり、「東方医学認定医」は入会後3年以上、「東方医学専門医」は5年以上を経過していること。なお、「東洋医学アドバイザー」は入会年数の規定は設けない。
  • 認定を受けるべき基準の内容は単位制によるものとし、規定の単位を取得し且つ認定試験を受験した者について、日本東方医学会審査委員会において審査の上、合否を決定する。
  • 認定基準単位は上記のとおり定める。「東方医学認定医」「東方医学専門医」は学会発表または論文提出を必須とする。
  • 名称は、「東洋医学アドバイザー」、「東方医学認定医」、「東方医学専門医」とする。
  • 必要な認定基準単位は、「東洋医学アドバイザー」25単位(中医学研修講座修了者)、「東方医学認定医」60単位、「東方医学専門医」100単位とする。
  • 認定料は「東洋医学アドバイザー」5,000円、「東方医学認定医」20,000円、「東方医学専門医」30,000円とする。認定試験の受験料は一律5,000円とする。
  • 更新は所定の更新申請書により5年毎とし、「東洋医学アドバイザー」は5年間で3回以上の学会出席、「東方医学認定医」と「東方医学専門医」は5年間で新たに20単位の認定基準単位の獲得を必須とする。
  • 審査委員は日本東方医学会の学術委員会で選出する。
  • 厚生労働省告示第158号第26号、159号専門医の広告に関する認定は受けないとする。

  【受験料・認定料 振込先】

   日本東方医学会

   みずほ銀行・虎ノ門支店・(普)2521324

   申請書はこちら